被災建築物応急危険度判定は、地震により被災した建築物について、その後の余震等により、人命に係わる二次災害を防止することを目的としており、平成28年に発生した熊本地震においても約56,000棟の応急危険度判定が行われました。このような大きな地震災害が本県で発生した場合に備え、被災建築物応急危険度判定士を対象に、実際の建築物を想定した応急危険度判定の現場研修会を下記により実施します。
実地に即した現場研修は、有事の際の適切な対応のために欠かすことのできないものであり、多くの方に参加していただきたいと考えております。
参加をご希望の方は、申込書に必要事項をご記入のうえ、公益社団法人富山県建築士会までFAX又は郵送によりお申込み下さい。
なお、参加決定の際には、公益社団法人富山県建築士会より詳細な案内を送付いたします。

1 研修内容  鉄筋コンクリート造建築物の応急危険度判定の実地研修(建築CPD3単位を予定)
2 開催日時  令和2年12月3日(木)13:30~16:30頃まで(受付は13:00より開始)
3 開催場所
・講  義:小矢部市市民交流プラザ(小矢部市城山町1-1)
・現場研修:小矢部市総合会館(小矢部市城山町1-1)
4 講  師  中本 尚 氏(株式会社エヌプラスアーキテクト 代表取締役)
5 募集人員  30名程度
6 参加費   無料(定員になり次第締め切ります。)
7 申込期限  令和2年11月16日(月)必着
8 申込先   公益社団法人富山県建築士会(TEL:076-482-4446 FAX:076-482-4448)
〒930-0094 富山市安住町7-1 富山県建築設計会館2F

※詳細・参加申込書:令和2年度被災建築物応急危険度判定現場研修会

¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$€£¥$¥$€£¥$€£¥$€£

富山県土木部建築住宅課 建築指導係 山崎
TEL:076-444-3356  FAX:076-444-4423
e-mail:kaname.yamazaki@pref.toyama.lg.jp

Top